自転車通勤伝説

自転車通勤のネタその2です。

昔アルバイトをしていたところで、伝説的な自転車マンがいました。当時彼は20歳。体はバリバリに動く年代です。と、同時に、20歳でアルバイトってことは、お金のないプーちゃんに近い生活。当然車もないし、買う予定もなしです。さて、彼は毎日自転車で通勤してきたのですが、「家はどこ???」と聞いたら、ビックリするほど遠い場所。1時間半の通勤を、毎日やっていたことになります。

しかもその時期、冬で雪がたくさん降っていて、とても危険な道路状況だったのを覚えていますから。頑張る青年だなぁ。と、感心していました。普通に車で通っても30分はかかる距離を、自転車で。しかも肉体労働の担当でしたので、伝説の肉体を持ち合わせていたのでしょう。

前回の記事に書いた、自転車通勤のいとこにしろ、自転車通勤は体にはいいと思います。景色や晴れた天気を感じながら通勤するのは、気持ちがいいものでしょう。しかもタダですし。自転車通勤の人には、なんだか共通点があるなぁ。貧乏性なんですかね。

Comments are closed.